賢い食べ方でダイエット

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ダイエットの時に最初に避けるのはパスタやピザではないでしょうか?

 

でも、パスタ、ピザ大好きなんです!という方も多いのでは?

 

私も大好きです。

 

ダイエット中だからと我慢しすぎるとストレスになり、反動でドカ食いしてしまい、ダイエットに失敗する方も多いのです。

 

パスタばかり食べていい、ということではありませんが、どうしても食べたくなった時、少しでも賢い食べ方を覚えておけば、助けになるかもしれません。

 

 

ダイエット中は控える人が多い、ピザやパスタ、パンやご飯の炭水化物ですが、実際、炭水化物をとると太るのでしょうか?

 

その答えは「 適量食べる分には太りません 」というのが正解です。

 

そもそも、どんなに体に良い成分を含むものも食べ過ぎたらカロリーのとり過ぎになり太ります。

 

同様に、炭水化物はそのものが太るわけではなく、とり過ぎたら太るだけのことなのです。

 

ダイエッターに人気の鶏肉や豆腐、豆乳やヨーグルトでも、必要なカロリー(エネルギー)を超えて食べたら太るのと同じです。

 

 

太ると思われがちなパスタですが、実は血糖値を上げにくい炭水化物として、ダイエット向けの食材であるとも言われています。

 

専門的にはGI値が低い食べ物と言います。

 

パスタは調理の段階でさまざまな素材と組み合わせることが多いので、材料選びを賢く行えば、ダイエット向けのメニューにもなります。

 

逆に何も考えないで選ぶと、同じような量でも、2倍ほどの高カロリーになるメニューもあるので注意が必要です。

 

 

★クリーム系よりはトマト系オイル系を選ぶ

 

カロリーが格段に違います。

 

バターやクリーム系よりも、トマトやオリーブオイルを使ったもののほうがダイエット中にはお勧めです。

 

★肉よりも魚介や白身魚を選ぶ

 

同じ具材でも動物性の油脂を多く含むものは、カロリーの観点から見るとダイエットに向きません。

 

★野菜やキノコメインの食材を選ぶ

野菜類をたっぷり使ったものはカロリーが控えめ。

 

オススメは野菜と魚介のペペロンチーノ、トマトソースがおススメです。

 

★食べ方のポイント

・食物繊維を多く含む食材を一緒に食べましょう。

血糖値上昇が緩やかになり、体脂肪の合成が妨げられます。

・「 いつも我慢している分、たまに食べるならたっぷり食べたい 」という考えはNG、適量を心がけて。

 

★麺の量を調整する

・トマトソースやオイルソースのパスタの場合は、乾麺で100g分が上限量。

 

・カルボナーラなどクリームソースのパスタは、3分の1人前程度の量に控えましょう。その量で600~700kcalになります。

 

 

ポイントはやはり適量という事ですね!

 

適量に食べればダイエット中に絶対に食べてはいけないものは無いようです。

 

適量に美味しく楽しく頂きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報