食べ過ぎてしまったときファスティングで体の大掃除をしましょう

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

忘年会やクリスマスディナーで疲れた胃腸を休め、増えた体重を戻すために簡単なファスティング(断食)はどうでしょうか?

 

普通は三日間行うものとされていますが、結つらいものがあります。

 

では本格的にではなく、休日を利用した1日ファスティングはどうでしょう?

 

私は1日実行しても1~2kgは落ちました。

 

ファスティングとは断食のことで、一定期間断食することで体内の毒素を排出し、健康な体づくりのために効果的な方法です。

 

また、解毒(デトックス)効果によるダイエットとしても話題の方法です。

 

便秘解消、脂肪燃焼、胃腸の活性化、疲労回復などの効果もあると言われています。

 

 

★ファスティングを行う上での注意点

 

ファスティングは、基本的には16歳くらいから60歳くらいの健康な人であれば、誰でも行うことができます。

 

しかし、やせすぎの人や、妊娠中の人、生理中の人にはお勧めできません。

また、臓器障害や、糖尿病などの持病がある人は、自己判断でファスティングを行うのは避けてください。

 

病気快癒のためお医者様に勧められたとき、はこの限りではありません。

 

またファスティング中は薬の服用もなるべく避けた方がいいとされています。

 

それから、ファスティング中は、激しい運動や労働は避けなければいけません。

 

仕事などで、どうしても激しい運動をしてしまう方には、半日ファスティングや1日ファスティングをお勧めします。

 

3日ファスティングを行う時には、十分休息を取れる週末や連休などに行うと良いでしょう。

 

あと、お腹が空いたから、口寂しいからといって、ガムや飴を食べるのも避けてください。

 

ガムや飴には多くの糖分が含まれていて、胃酸が必要以上に出てしまうので注意が必要です。

 

 

★1日ファスティング

 

しっかりとファイスティングを行いたい方には、1日ファスティングをお勧めします。

 

1日ファスティングといっても、1日だけ断食すればいいというわけではないのです。

 

前日から心と体の準備に入り、三食栄養バランスを考えた和食中心の食事を心がけて、夕食はいつもより早めの時間に済ませてしまいましょう。

 

明日一日何も食べられないからといって、暴飲暴食は禁物です。

 

そして、ファスティング当日は、朝食、昼食、夕食すべて発酵野草ジュースや酵素ドリンクなどの固形物なしの食事で済ませます。

 

発酵野草ジュースや酵素ドリンク以外に水を2リットルくらい摂取することも大事です。

 

起きてすぐに、300ccくらいの水を飲みましょう。

 

カフェインの入った飲み物や糖分の多いジュースは避けましょう。

 

もちろんアルコール飲料も我慢です。

 

そして、翌日は、おかゆなど消化の良いものから食べ始めて、徐々に普通の食事に戻していきましょうね。

 

いきなり、脂っこいものを食べてしまわないようにしっかり気をつけてください。

 

↓ファスティングに役立つドリンク紹介

>ファスティング酵素ドリンク

 

酵素飲料にも色々ありますね定期的に行うファスティングで色々試すのも楽しいかもです。

 

忘年会、女子会、夜に食事する事も多くて、あっという間に1~2kgは増えますよね。

 

でも!!すぐにリセットすれば大丈夫!

 

身体にため込んでしまう前にファスティングすれば体脂肪になりませんよ!

 

くれぐれも無理をしないようにプチ断食しましょう

 

1日だけでも体のだるさが取れてスッキリしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報