コンビニを利用してダイエットしよう!

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ダイエットするにおいて長期的に考えると、コンビニ食や外食は減らすにこしたことはないのです。

でもだからといって今の時代、忙しい方も多くどうしてもコンビニを利用することを避けることはできません。

 

ならば上手にコンビニを利用してダイエットを成功させたいものですね。

 

コンビニ食はカロリーが高い?

ダイエットに不向き?

 

そう思われがちですが、私の弟は昼食をコンビニ食にして体重を8キロ落としました。(もちろんそれだけではないのですが)

 

コンビニ食のいいところはカロリーが明記されていることです。

 

お昼を500kcalに抑えることで一日の総カロリーをコントロールすることができます。

 

ダイエット時に利用したいものとしては「 低糖質 」を謳(うた)った商品です。

 

コンビニ食の時だけ低糖質を選んでもダイエットできませんが、糖質制限ダイエットをしている人には強い味方ですね。

 

 

低糖質=ローカーボ食は短期間であれば問題が少なく体重を減らすことができます。

 

ダイエット中はパンを食べたらダメだよね…、とガマンしてストレスを溜めるくらいなら、こういう商品をチョイスするのもいいと思います。

 

カロリー制限系のダイエッターなら、まずはお弁当に表記されているカロリーをよく見る癖をつけましょう。

 

できれば野菜+お肉やたまご+ごはんという定食型組み合わせをおすすめします。

 

カロリーを低く抑えても素麺とおにぎり、ではあまり脂肪燃焼がみこめません。

 

やせるために必要なミネラル・ビタミンをとり、筋肉を増やすタンパク質をとり、まだカロリーに余裕があればおにぎりなど糖質をとってください。

 

特に低カロリー派も低糖質派もぜひ選んでいただきたいのが、タンパク質を多く含む食材です。

 

言わずと知れた「 サラダチキン 」。

鶏のむね肉を使用した食品です。

 

むね肉はもも肉に比べローカロリーである上に、脂肪燃焼効果を高めてくれるビタミンB群、特にB群の中でも特ダイエッターには必須のB6、ナイアシンが多く含まれています。

 

カット野菜と一緒に食べれば、それだけで結構腹持ちの良いランチになりますね。

 

あれもダメ、これもダメ、ではダイエットは続きません。

 

どのタイプのダイエットをするか決めたら、コンビニ食や外食も味方につけて目標の体重を目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報