やせ菌を増やす食材ってなに?

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

腸内細菌(プロバイオティクス)の数と種類で痩せやすい、または太りやすい体質になると言われています。

そうであれば誰だって痩せやすい腸内細菌を増やしたいものですね。

 

水溶性食物繊維はやせ菌のえさになります。

そしてオレイン酸は腸内の環境を整えてやせ菌が住みつきやすい状態をつくります。

 

この二つを多く含む食材、それがアボガドです。

 

水溶性食物繊維は身体のなかの消化酵素によって分解されません。

また水分を多く取りこむためダイエットの難敵である血糖値の急な上昇を抑えてくれます

 

また腸内の壁が傷つくと太りやすくなるばかりでなく体調も崩しやすくなるのですが、この大事な腸の粘膜もこの水溶性食物繊維が守ってくれます。

 

 

アボガドの食物繊維は一個で必要量の30%にもなると言われてます。

 

アボガドの脂質の50%はオレイン酸です。

オレイン酸は活性酸素と結びつきにくく、太る遠因でもある過酸化脂質をつくりにくいため油脂として摂るにはとてもいいものです。

 

 

ダイエットをしようとしていわゆる「 油断ち 」をすると肌にハリツヤがなくなることが多いです。

そんな時アボガドの油分は助けになりそうですね。

 

またオレイン酸はダイエットの妨げの原因にもなるうる悪玉コレステロールだけを減らしてくれる効果もあります。

 

いわゆるデブ菌を減らし、やせ菌を増やしてくれる、とてもありがたい食材と言えますね。

 

食べ方ですが、切るととたんに変色してしまいます。

レモン果汁を切り口に塗ると変色を防げます。

 

またアボガド自体は特別味があるものではありませんので、レモンをかけることで味のアクセントにもなります。

 

すぐに食べたい時は表面の皮が黒くてヘタがしぼんでいるものが熟したものですのでそれを選んでくださいね。

 

まだ熟れていない緑色が濃いものは冷蔵庫に入れず常温で追熟させます。

食べる2時間ほど前に冷蔵庫で冷やしてください。

食べる直前に切ってサラダに入れて食べると美味しいですよ。

 

もちろん火を通して食べることもできます。

 

半分に切って種をくり抜き、そこに玉子をはってシュレッダーチーズをのせ、トースターで数分玉子が半熟になるまで焼きます。

 

ボリュームも栄養も満点の一品になります。

 

お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報